結局のところ、クレジットカード現金化は大丈夫なのか?

クレジットカードの現金化が大丈夫か疑問に思っておられる方も少なくありません。
クレジットカード会社は現金化を目的としたカード利用を禁じており、規約に違反するリスクのある行為であることは間違いありません。
それでも、明確に現金化を法律違反とはいえず、いわばグレーゾーンであるのが現状です。なぜなら、現金化の行為そのものは、ただ買い物をし不要なものを売るだけの行為だからです。
たとえば、人にあげようと思って購入したプレゼントを渡す予定がなくなったので売却した、という行為自体は、なんら法律に違反する行為ではありません。
しかし、最初から現金化する目的で金券を購入し売却した、と聞くと印象がだいぶ異なってきます。
受ける印象がだいぶ違ったとしても、行為自体にはなんら違いがないため、明確に違法性があると断言できません。
クレジットカードの現金化を行う業者を摘発するケースがありますが、これは現金化の際の金利が出資法で定める上限金利を上回っていたという理由での摘発であって、現金化の行為そのものを罰したということではありません。
それでも、法律的に違法ではないから大丈夫という安易な考え方は、絶対に持たないようにすべきです。
自己破産の手続きが取れない、カード会社に利用を強制停止させられた上に利用分を一括請求されるという、とてもリスクが高い行為であることを忘れないようにすべきです。